高橋渚選手(走り高跳び)のwiki経歴プロフィールや出身高校・大学は?かわいい画像まとめも!

スポーツ

女子走り高跳びの有望株・高橋渚選手について調査しました☆

  • 高橋渚選手のwiki経歴プロフィール!
  • 高橋渚選手の出身学校(高校・大学)!
  • 高橋渚選手のかわいい画像まとめ!
スポンサーリンク

高橋渚選手のwiki経歴プロフィール!

出典:目黒区

名前高橋 渚(たかはし なぎさ)
生年月日2000年1月25日 現在24歳
出身地東京都
所在地東京都目黒区在住
体重56kg
身長173cm
所属メイスンワーク
競技、種目陸上競技、走高跳
趣味録画したドラマ鑑賞
ベスト記録1m81
主な競技実績
  • 2017年 インターハイ優勝 走り高跳び:1m77 優勝
  • 2018年 日本選手権 走り高跳び:1m80 2位
  • 2019年 日本インカレ 走り高跳び:1m78 優勝
  • 2021年 日本インカレ 走り高跳び:1m79 優勝
  • 2022年 日本室内 走り高跳び:1m80 優勝
  • 2022年 日本選手権 走り高跳び:1m81 優勝 

高橋渚選手が走り高跳びに出会ったのは中学校の体育の授業でした。

体育の授業で走り高跳びを一番高く跳んだことで、陸上競技部の顧問でもあった体育の先生に陸上競技大会への出場を勧められ、区大会・都大会で優勝しました。

高橋渚選手は元々バドミントン部だったのですが、大会での優勝をきっかけに本格的に陸上競技を始めるようになり、高校は強豪校で、走り高跳びの男子日本記録(当時)を持つ先生が在籍している東京高等学校に進学しました。

高校で走り高跳びの基礎をしっかり作り上げた高橋渚選手は、高校3年生の時に全国高校総体(走高跳)で優勝を勝ち取りました。

高校時代、走り高跳びで好成績を更新し続けた高橋渚選手は、日本大学スポーツ科学部に進学し、最先端のスポーツ科学を学びながら更なる記録更新のために日々、練習を重ねました。

2022年3月に日本大学を卒業し、現在はメイスンワークに所属しています。

高橋渚選手の国際大会での実績

出典:高校生新聞社 インターハイ女子走り高跳びで優勝した高橋渚

高橋渚選手は国内大会だけでなく、国際大会にも2回出場しました。

高橋渚選手は173cmで国内では最長身クラスですが、海外には身長190cmを超える選手もおり、多少フォームが粗くてもある程度の高さは跳べてしまうんだとか。

そんな選手がたくさん出場する国際大会においては、高橋渚選手の身長も小さい方に入ってしまうため、高橋渚選手は細かい技術を突き詰めて対抗していくそうです。

そのため、高橋渚選手は日々の練習内容を陸上競技ノートに記録し、試合前には必ず読み返して、どんな気持ちで練習してきたかを確認しては

これだけやってきたから大丈夫

と言い聞かせて毎回試合に挑むそうですね!

高橋渚選手の学歴(出身学校)

高橋渚選手の出身高校は東京高等学校(偏差値:54)

出典:スクルポ

東京高等学校の評判は良くも悪くも普通の私立高校という評価です。

ですが、高橋渚選手の経歴でも紹介したように、陸上競技においては強豪校で、有名なスポーツ選手を何人も輩出しています。

高橋渚選手がこの学校を目指した理由は、走り高跳びの日本記録を保有する先生に走り高跳びの基礎を学ぶためでした。

高橋渚選手の出身大学は日本大学スポーツ科学部(偏差値 42.5~45.0)

出典:日本大学

高校の時に出場したインターハイで優勝した高橋渚選手は、女子走り高跳び選手として活動すべく、日本大学スポーツ科学部に進学しました。

高橋渚選手は日本大学スポーツ科学部でスポーツ科学を学びながら、現在は世界を見据えた活躍を夢見て勉学と練習に励んでいます。

コメント

このページの内容をコピーすることはできません

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました