藤田怜央棋士(囲碁)父親・兄弟家族は?小学校&中学校とwiki経歴学歴プロフィールも!

有名人・著名人

世界最年少で囲碁のプロ棋士になった藤田怜央棋士が韓国に囲碁留学することが決まりました。

本記事は藤田怜央棋士の下記についてまとめました。

  1. 藤田怜央棋士のwiki経歴学歴プロフィール
  2. 藤田怜央棋士の父親や家族
  3. 藤田怜央棋士の小学校・中学校
  4. 藤田怜央棋士の成績
  5. 藤田怜央棋士が韓国に囲碁留学
スポンサーリンク

藤田怜央棋士のwiki経歴学歴プロフィール

出典:東京新聞

名前 藤田 怜央(ふじた れお)
生年月日 2013年4月25日 現在10歳
出身地 大阪市
職業 囲碁棋士 初段(2022年9月)
所属 関西棋院所属、星川拓海五段門下
その他 2022年9月に関西棋院の英才採用特別規定に基づき入段し、世界最年少(9歳4か月)で囲碁のプロ棋士になる

藤田怜央棋士は4歳半頃からオセロのアプリに没頭するようになりました。

相手しきれなくなった両親は見た目が似ているという理由で、藤田怜央棋士が4歳10か月の時に碁会所に連れて行き、そこで囲碁に夢中になりました。

その後、プロ棋士が指導する「大阪こども囲碁道場」にも通い、急速に実力を伸ばし、小学校入学前の2019年10月には、こども棋聖戦大阪府大会の小学校低学年の部で優勝しました。ですが、全国大会は小学生しか参加資格がなく出場できませんでした。

2020年6月に小学1年生で日本棋院関西総本部の院生となり、小学2年生の頃からプロ棋士と互先で度々勝つようになりました。

2022年4月に関西棋院で実施された英才特別採用規定によって、7月に受験を申し込み、瀬戸大樹八段との試験碁や関西棋院のトップ棋士による審査等を経て、「できるだけ早い時期からプロの世界で研鑽を積むことが棋力向上にプラスになる」として、同規定による第一号の合格者となりました。

2022年9月1日、小学校3年生でプロ入り(9歳4か月)したことで世界最年少(9歳4か月)で囲碁のプロ棋士になりました。

藤田怜央棋士の天才エピソード

  • 特別な英才教育などはしなかったのに、1歳の時に大阪の地下鉄路線図の駅名をそらんじる
  • 3歳の時に足し算引き算を覚え、4歳の時には47都道府県を面積順に覚える
  • 師匠の星川拓海棋士とは2021年10月に出会い、当初は定先の手合いだったが、2022年1月に初めて互先で打って勝利し、互先で五分五分の状況にまで成長する。(定先:下手が常に先番黒でコミのハンデはなし。互先:通常のプロ同士の対局で先番にコミのハンデあり。)
  • 複雑な詰碁の長い手順を完璧に記憶できる
  • 佐田篤史棋士は小学生時代の仲邑菫棋士と比較して「僕の感覚では上回る。小学生とは思えない柔らかい発想で打ってくる」と評価する

仲邑菫棋士の記事はこちら!

藤田怜央棋士の父親や家族

藤田怜央棋士の家族は父親、母親、3歳年上のお兄さん、藤田怜央棋士の4人家族と思われます。

  • 父親:藤田陽彦
  • 母親
  • 兄:藤田夏輝
  • 本人:藤田怜央

出典:たまひよ 囲碁道場の先生である林さん(写真奥右)、藤田陽彦さん(写真奥左)、お兄ちゃんの夏輝くん(写真手前右)、怜央くん(写真手前左)。

父親の藤田陽彦さんは理学療法士として療育の仕事をしているそうです。

天才棋士を育てるパパの藤田陽彦さんは理学療法士として療育の仕事にもかかわっているのだとか。藤田さんに、子どもが熱中するほど好きなことの見つけ方や、その力の伸ばし方について聞きました。

(中略)

藤田 怜央には3才年上の兄・夏輝がいます。長男は、体の動きが少し弱いところがあり、4才ころから療育に通っていました。私はもともと理学療法士として鍼灸院を営んでいますが、長男の療育に通う中で相談員の方にすすめられ、自分でも放課後等デイサービス・児童発達支援など、学校に行くことができない子どもたちのサポートを始めることに。

出典:たまひよ

藤田怜央棋士の父親は藤田怜央棋士にどちらかというと格闘家になってほしくて、よく運動をさせていたそうです。

もしかしたらお兄さんの身体が弱かったから、弟の藤田怜央棋士には強く育ってほしかったのかもしれませんね。

そして藤田怜央棋士とお兄さんはとても仲良しなのだそうです。

――きょうだい仲はいいですか?

藤田 めちゃくちゃ仲よしで、いつも2人で遊んでいますね。夏輝はとっても優しくて怜央のいうことはなんでも聞いてあげるから、怜央はお兄ちゃんのことが大好きです。月曜の夜は息子2人と僕とで銭湯に行くんですが、露天ぶろのテレビを見ながら、2人でずっとおしゃべりしています。きょうだいが仲よくいてくれることはとてもうれしいですね。

出典:たまひよ

また藤田怜央棋士のお母さんは、藤田陽彦さんと一緒に自営業を営んでいるそうです。

わが家は妻と一緒に自営業をしていて時間の都合がつけやすいので、日常的な運動は親子で一緒に行っています。怜央とは散歩や卓球をして体を動かしていますし、夏輝は体幹が弱いので、最近は一緒に初動負荷トレーニングというのをやっています。イチロー選手が実践していることでも有名なトレーニングで、親子でジムに通って一緒に鍛えています。
人生はいつからでもやり直しがきくもの。だからこそ子どもが今好きなことを目一杯やらせてあげたい、と考えています。

出典:たまひよ

父親・藤田陽彦のプロフィール

出典:スポニチ

理学療法士、鍼灸師。大阪市中央区でふじた鍼灸接骨院の院長をつとめる。
2015年には放課後等デイサービス・児童発達支援の「からだ-のう-こころ研究所 kids support」を開設。困りごとを抱える子どもたちをサポートする活動を行っている。

出典:毎日放送

藤田怜央棋士の小学校・中学校

藤田怜央棋士は2024年3月現在、10歳で小学校4年生です。

藤田怜央棋士は小学校に通いながらプロ棋士になりました。

藤田怜央棋士の父親の藤田陽彦さんは大阪市中央区で鍼灸接骨院を経営しています。

そして藤田怜央棋士は同じく大阪市中央区にある関西棋院に対局のために定期的に通っています。

そのため、藤田怜央棋士の通っている小学校も大阪市中央区内の小学校である可能性が高いです。

中学校はこれからなので、今後進学するかどうかも含めて発表があるかもしれません。

藤田怜央棋士の成績

2024年3月時点での成績

デビュー戦となった新人王戦予選で渡辺貢規棋士に中押負け
10勝14負

藤田怜央棋士の詳しい成績は下記のサイトで確認できます。

藤田怜央棋士が韓国に囲碁留学

2024年3月、韓国の棋院に移籍した仲邑菫棋士が話題になりましたが、藤田怜央棋士も2024年4月から韓国への留学が決まったそうです。

実は藤田怜央棋士は、2024年1月1日から25日まで父親の藤田陽彦さんとともに韓国の囲碁道場で修行していました。

韓国・武者修行の成果を見せた。父陽彦さんとともに1月1日から25日まで、世界最強といわれる申真■(シン・ジンソ)九段らを育てた韓鐘振(ハン・ジョンジン)九段が主宰するソウルの道場で修業した。3月に韓国に移籍する仲邑菫三段が勉強した道場でもある。朝8時から夜8時まで同世代のライバルとも実戦さながらの対局を重ねた藤田は「楽しかった」と振り返った。

藤田は、才能ある子を早くから育成するため、関西棋院が昨年4月に新設した「英才特別採用試験」を受験し、初の合格者となり、一昨年9月1日に入段した。昨年の成績は7勝10敗。

師匠の星川は「勝ったり、負けたりだが、確実に強くなっている」とし、韓国武者修行で「落ち着きが出てきた」と話した。

出典:日刊スポーツ

短期の修行でも成果が出たため、次は本格的な短期留学をすると決めたみたいですね。

藤田初段は今年4月から韓国の韓鐘振(ハン・ジョンジン)九段の道場で囲碁の修行をする予定だ。期間はひとまず3カ月間に決まった。昨年末、オープン大会「聞慶セジェ杯」出場のため訪韓し、約1カ月滞在して韓国の囲碁に接したのがきっかけになった。藤田初段は今年1月にも2週間ほど韓鐘振道場の寮で過ごしたほど韓国が好きだ。

プロデビュー以降の藤田初段の総戦績は9勝12敗だ。2022年は2敗、2023年は7勝10敗だったが、今年は2勝(2月22日現在)と上昇傾向を見せている。まだ5割の勝率には及ばないが、特別な才能の片りんを見せ始めた。

藤田初段は韓国を選んだ理由について、「朝早くから夜遅くまで囲碁の勉強だけに専念できる。レベルが高く、強い同年代の棋士が多いのもうれしい」と話す。人工知能(AI)関連教材などの勉強する環境にも魅力を感じたとのことだ。理学療法士の父・陽彦さんが藤田初段のマネージャー役を務める。

出典:朝鮮日報

この記事は2024年2月の記事でその後の続報はまだ出ていませんが、4月に近づけば何か知らせがあるかもしれませんね。

コメント

このページの内容をコピーすることはできません

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました