発信者情報開示請求制度のリスクと訴訟&示談金ビジネス問題とは?開示請求されない対策も紹介!

ニュース・話題

2023年6月22日、女子プロレスラー木村花さんの母親・木村響子さんが、SNS(ツイッター)に投稿された中傷書き込みの画像を証拠に該当アカウント相手に訴訟を起こした事件で、証拠が捏造だったことが判明し、話題になっています。

このニュースがきっかけで現行の発信者情報開示請求制度におけるリスク、それに伴う訴訟ビジネス、示談金ビジネスなどが新たに問題視されています。

この記事では下記についてまとめました。

  • 発信者情報開示請求制度の現状
  • 訴訟ビジネス&示談金ビジネス問題とは?
  • 発信者情報開示請求をされないための対策
スポンサーリンク

発信者情報開示請求制度の現状

2022年10月に施行された改正プロバイダ責任制限法によって、誹謗中傷してきた相手に対して発信者情報開示請求が以前より簡単にできるようになりました。

以前は個人情報保護法の観点から発信者情報開示請求のハードルが高かったのですが、昨今、SNS上における誹謗中傷が原因で精神を病んで命を絶つ人が増えてきたことで、法改正がなされました。

しかし、改正された現在はまた新たな問題が浮上しています。

それについて4浪ゼレンスキーとして知られるあみきさんが厳しく指摘されていました。

あみきさんについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

あみきさんの指摘される通り、このご時世、画像の捏造は少しの知識があれば簡単にできてしまいます。

画像だけを鵜呑みにして訴訟を起こすと無実の人に冤罪を被せる結果にもなりかねません。

さらに、あみきさんの言う通り、私的利用目的で証拠を捏造してターゲットの個人情報を開示してストーカー行為などに悪用するケースも、今後発生する恐れがあります。

ストーカーなどの目的で発信者情報開示請求を起こした事例はまだ発生していませんが、下記より紹介する問題は既にネット上でも多くの人達から指摘されています。

コメント

このページの内容をコピーすることはできません

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました