大川宏洋(幸福の科学・大川隆法の長男)と母親・兄弟の学歴経歴と現在!嫁と子供や清水富美加との真相も!

有名人・著名人

『幸福の科学』の総裁・大川隆法氏が2023年3月2日午前に心肺停止で亡くなりました。

それがきっかけで大川隆法氏と対立していた大川隆法氏の長男・大川宏洋さんの今後の動きに注目が集まっています。

大川宏洋さんとはどんな人物なのか?大川宏洋さんに関する噂を調査しました!

  1. 大川宏洋の学歴
  2. 大川宏洋の兄弟
  3. 大川宏洋の嫁・元嫁
  4. 大川宏洋の子供
  5. 大川宏洋の母親
  6. 大川宏洋と清水富美加の真相
  7. 大川宏洋の現在
スポンサーリンク

大川宏洋のwiki経歴・学歴プロフィール

出典:twitter

名前大川 宏洋(おおかわ ひろし)
生年月日1989年2月24日 現在34歳
出身地日本 東京都練馬区
出生地日本 秋田県由利郡矢島町
身長172cm
血液型A型
職業俳優
映画監督
YouTuber
事務所宏洋企画室株式会社

大川宏洋の学歴(出身学校)

出身小学校:港区立白金小学校

大川宏洋さんは3歳まで東京都と秋田県を往復しながら育ち、その後も都内を中心に転々として暮らしました。

一人暮らしをする前まで、最終的に東京都港区白金の大悟館に居住したため、港区立白金小学校に通っていました。

出身中学校:東京学芸大学附属竹早中学校

大川宏洋さんの出身中学校は東京学芸大学附属竹早中学校で、偏差値は男女ともに66です。※偏差値は大体の目安です。

出身高校:早稲田大学高等学院→青山学院高等部

大川宏洋さんは東京学芸大学附属竹早中学校を卒業後に、早稲田大学高等学院に進学しました。

早稲田大学高等学院は偏差値75で東京都内私立3位にランクインする有名進学校ですが、男子校だったことに不満を持った大川宏洋さんは、10か月間通った後に退学し、青山学院高等部を受験し直して1年遅れで入学しました。

青山学院高等部は偏差値72で東京都内私立の中では5位にランクインする進学校です。

出身大学:青山学院大学法学部(内部進学)

青山学院高等部を卒業後は青山学院大学法学部に内部進学しました。

青山学院大学法学部の共テ得点率は69%~80%で偏差値は57.5~62.5ですが、大川宏洋さんは内部進学したので受験はしていません。

大川宏洋の経歴

大川宏洋さんは大学在学中の2008年7月に映画『仏陀再誕』の脚本を書き、2009年に映画『ファイナル・ジャッジメント』の制作初期にも関与しました。

『幸福の科学』に入局後は2012年3月に理事長に抜擢されるも、本人の力不足と経験不足を理由に2か月で解任されました。

解任後も、幸福の科学内の管理職を転々としながら、2019年6月25日付で幸福の科学を懲戒免職処分されるまで、幸福の科学の後継者候補として活動を続けていました。

この通り、大川宏洋さんは自身のスキャンダルが原因で幸福の科学と揉めるようになり、2018年8月に、YouTube上で幸福の科学の批判を始めるまでは、幸福の科学の信者として振舞っていました。

幸福の科学から懲戒免職処分を受けてから、両者の対立は本格的となり、2023年3月現在も名誉棄損等を理由に法廷での争いが続いています。

大川宏洋の兄弟

大川宏洋さんは5人兄弟の長男です。

  • 長男 大川宏洋
  • 長女 大川咲也加
  • 次男 大川真輝
  • 三男 大川裕太
  • 次女 大川愛理沙

このうち、次女の大川愛理沙さんだけ、父親・大川隆法氏と後妻・大川紫央さんの間で生まれた異母兄妹になります。

先日、大川隆法氏が亡くなったことで今後、幸福の科学内では遺産等を巡って壮絶な後継者争いが勃発することが予想されます。

だから大川宏洋さんも、大川隆法氏の訃報が報じられる前にこのようなツイートをしていたのでしょう。

大川宏洋の嫁・元嫁

大川宏洋さんは大学を卒業直後に結婚したのですが、2015年に離婚しています。

大川宏洋さんが大学を卒業したのは2012年なので、結婚していた期間は3年程度になります。

大川宏洋さんの元嫁が誰なのかは不明です。

大川宏洋さんの家庭環境から幸福の科学の信者だった可能性が高いのですが、確証はありません。

仮に信者だったとしても今も信者かは分かりませんしね。

離婚理由についても知られていませんが、後述する大川宏洋さんの女性関係スキャンダルの多さから、宗教関係での価値観のすれ違いか女性問題かのいずれかである可能性が高そうです。

大川宏洋の子供

大川宏洋さんと元嫁との間には第1子の長男がいます。

大川宏洋さんは離婚してからまだ独身でいるので、子供は元嫁との間に生まれた長男だけですね。

離婚した後、長男は元嫁が引き取ったようです。

大川宏洋さんがまだ幸福の科学に所属していた頃、幸福の科学を辞めると言い出した大川宏洋さんに幸福の科学の職員が「生活費や養育費をどうするのか」と問いただし、「お金がないので社長を続ける」と言っていたことがあるので、今も養育費をちゃんと払っているかは不明ですが、子育ては元嫁がしているのでしょう。

大川宏洋の母親

大川宏洋さんの母親は木村恭子さんです。

出典:twitter

旧姓名は大川きょう子で、1988年から2012年まで大川隆法氏と結婚していました。

結婚している間、大川隆法氏との間に大川宏洋さんを含む4人の子供が生まれたのですが、2008年4月から別居状態になり、2010年から離婚協議、2012年に離婚しました。

離婚理由は大川隆法氏の女性関係が原因でした。

大川隆法氏は元々、教祖という立場を利用して総勢20人近くの愛人がおり、愛人たちの間では愛人トップの座を狙って、大川隆法氏との子供を望む人もいたそうです。

さらには、大川隆法氏の愛人でありながら幹部職員とも関係を持つ愛人もおり、不倫どころの騒ぎではなかったのですが、2007年10月頃から大川隆法氏は嫁の木村恭子さんに

エル・カンターレ系の基本は一夫多妻だ

と言い始めたそうです。

さすがにこればかりは聞き入れられなかった大川宏洋さんの母親は、幹部にも泣き付いたそうですが、教祖の言うことは絶対ですからね。。

大川隆法氏は自分の要求を聞き入れない大川宏洋さんの母親を教団施設から追い出し、教団内での権限・役職を全て剥奪した後に離婚に追い込んだようです。

大川隆法氏は離婚後、29歳年下の大川紫央さんと再婚しました。

大川宏洋と清水富美加の関係

清水富美加さんは女優・モデルとして活動しているのですが、2017年2月11日に一度、芸能界を引退して幸福の科学での活動に専念するという発表がありました。

その時、宗教名「千眼美子」を名乗り出家したのですが、2017年5月23日に幸福の科学グループの「ARI Production」に移籍して、今も芸能活動を続けています。

大川宏洋さんが清水富美加さんと知り合ったのは恐らくこの時期でしょう。

幸福の科学側の発表によると清水富美加(千眼美子)さんの出家が決まった2017年1月24日の翌日25日に行われた霊言収録現場において、大川宏洋さん自身が清水富美加さんとの結婚をほのめかす発言をしていたそうです。

その時に録音された大川宏洋さんの肉声も公開され、周りのスタッフが「自分の意志として、結婚したいのですか」と聞いたところ、大川宏洋さんは結婚したいと答えたそうでした。

幸福の科学側の話によると

  • 大川宏洋自ら、清水富美加と結婚したがっていた
  • 幸福の科学が大川宏洋と清水富美加に結婚を強制した事実はない
  • 清水富美加は教祖の長男であることを理由に、馴れ馴れしい態度を取る大川宏洋に対し、「生理的な違和感を覚えていた」とのこと
  • 上記がきっかけで、清水富美加に振られたと思った大川宏洋は、映画『さらば青春、されど青春。』のヒロイン役を交代することを要求。同時期に自身が社長を務めるニュースター・プロダクションに所属する女性タレントとも交際を始め、これらが原因で後に解任される

上記が大川宏洋さんと清水富美加さんの間にあったトラブルの真相とのことでした。

さらに、大川宏洋さんは父の大川隆法氏に清水富美加さんとの結婚について尋ねるも、

「そんな話は私から言ったことはありませんよ。あなただって今、別の彼女がいるでしょ」

とも言われていたそうです。

その後、大川宏洋さんは当時交際していた女性タレントと結婚したいと大川隆法氏に懇願しましたが、社長として公私混同してはいけないとたしなめられたとのことでした。

これら一連の出来事が原因で、後に大川宏洋さんは幸福の科学と決別することになった・・というのが幸福の科学側の主張です。

一方、大川宏洋さんは週刊文春(2019年2月28日号)の取材にて、父・大川隆法氏から清水富美加さんとの結婚を迫られたがそれを断ったため、大川隆法氏が激怒したと主張していました。

大川宏洋と清水富美加の関係の真相

結論から言うと大川宏洋さんと清水富美加さんの関係については、今のところ幸福の科学側の主張が概ね正しいのではないかと思われます。

幸福の科学が公開した大川宏洋さんの肉声データが決定的な証拠になったことは間違いないでしょう。

さらに、大川宏洋さんの高校時代のエピソードで受験し直したエピソードを上記で紹介したのですが、その理由が男子校だから・・という理由だったんですよね。

つまり、この頃から既に大川宏洋さんは女好きの傾向が強かったことが分かります。

それを踏まえると大川隆法氏が息子に女優との結婚を強要して大川宏洋さんが断ったという主張より、大川宏洋さんが立場を利用して女優に迫るも、振られたから揉め事を起こした・・と考えるのが自然な気がします。。

大川宏洋の現在

大川宏洋さんは教団と決別して以来、youtubeやツイッターなどで幸福の科学を批判する発信を続けています。

それだけでなく、不正な利益を貪るカルト宗教として抗議するデモ活動を行ったり、選挙に出馬したりしています。

大川隆法氏が亡くなったことで、今後は遺産相続を巡る争いにも巻き込まれそうですが、その様子はツイッター等で見ることが出来るでしょう。

大川宏洋さんの活動は一見、カルト宗教の間違った教理に抗議する正しい活動に見えるのですが・・。

正直なところ、大川宏洋さんの経歴や幸福の科学と決別するまでの流れを見る限り、大川宏洋さんは正義のために『幸福の科学』と戦っているというより、幸福の科学内で自身の身勝手な要求が通らなかったことに腹を立て、報復のために幸福の科学を批判しているようにしか見えません。。

もし、幸福の科学が大川宏洋さんのわがままを全て聞き入れていたら、たとえ幸福の科学がカルト宗教として間違っていると分かっていたとしても、大川宏洋さんは今でも教団内で権力と地位にしがみ付いていたのではないでしょうか・・?

つまり、まさに今後継者争いをしている大川宏洋さんの弟・妹たちと同じ立場に立っていた可能性が高い気がします。

幸福の科学の身内として幸福の科学の過ちを批判できる大川宏洋さんの存在は貴重ですが、大川宏洋さんに過度な正義を期待するのもちょっと違う気がしますね。。

コメント

このページの内容をコピーすることはできません

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました