ベビーライフの篠塚康智代表の現在は?ベビーライフの人身売買疑惑の真相は!

企業・団体

2020年7月に事業を停止した一般社団法人「ベビーライフ」の代表・篠塚康智さんが行方不明とのことで噂になっていました。

この記事では下記について調査しました。

  1. ベビーライフ事件の闇とは?
  2. ベビーライフの代表・篠塚康智さんの現在は!
スポンサーリンク

ベビーライフ事件の闇とは?

巷で噂されているベビーライフ事件の闇についてまとめました。

  1. 厚生労働省は2012年に養子縁組のあっせん先は「原則国内」と通達
  2. 2016年12月に成立、18年4月施行の養子縁組児童保護法も「可能な限り国内」と明記されている
  3. 篠塚康智さんが代表を務めた一般社団法人「ベビーライフ」は2012~18年度にあっせんした子ども約300人のうち、半数超の養親が外国籍だったことが判明
  4. ベビーライフが海外にあっせんした子供たちの安否確認が取れないことを危惧する声が上がる
  5. 篠塚康智さんと連絡が取れなくなり、2020年7月にベビーライフの事業が停止

ベビーライフの事業が停止されてから、海外にあっせんされた子供たちが人身売買され、臓器売買に利用されているのではないかという疑惑が浮上しました。

都によると、ベビーライフは12~18年度に計307人をあっせん。うち174人の養親が外国籍で、内訳はカナダ106人、米国68人だった。

ベビーライフでは12年度以降に養親が外国籍の国際養子縁組が増加したが、養子縁組児童保護法が施行された18年度は9人に減少。あっせん事業が届け出制から許可制になったのを受け、都に許可申請をした18年9月以降は全てが国内でのあっせんだった。

都が申請を審査中の昨年7月、ベビーライフは「事業を行う体制ができなくなった」として申請を取り下げた。ベビーライフは事業停止後、子どもに関する資料の全てを都に引き継いでおらず、代表者とも連絡が取れない状態。

出典:あっせん養親、海外半数超 子の渡航も

日本から国際養子縁組で海外に渡った子供が、2011~19年の約9年で少なくとも336人に上ることが、読売新聞の集計でわかった。7割弱が1歳未満の乳児だった。国際養子縁組を巡っては、人身売買に巻き込まれることや、子供の出自に関する情報を得ることが難しくなるといった問題が指摘される。世界的に減少傾向にある一方、日本からは多数の子供が国外に出ていた実態が浮かび上がった。

出典:【独自】日本から海外へ養子、9年で336人…政府は把握しておらず

ベビーライフがあっせんして海外の養親に引き取られた子供たちのその後について、正確な状況が把握できていないのが現状です。

そのためネット上では心配の声が上がっています。

国際養子縁組の中には人身売買に巻き込まれるケースがあることも事実です。

そのため、ベビーライフがあっせんした子供たちも臓器売買を目的とした人身売買に巻き込まれたのではないかと心配する声が上がるようになったようです。

しかし、厳密には現時点で確認できていることはベビーライフが海外にあっせんした子供たちの現状確認が出来ていないというだけで、本当に人身売買や臓器売買に利用されたかはまだ分かっていません。

ただ、ベビーライフは海外に子供をあっせんするにあたり、かなりの報酬を受け取っていると言われています。

今後、海外にあっせんされた子供たちの安否確認の追跡調査が行われることを期待したいです。

ベビーライフの代表・篠塚康智さんの現在は!

代表の篠塚康智さんが突然音信不通になったため、ベビーライフの人身売買疑惑の噂にさらに拍車が掛かりました。

ちょっと陰謀論よりになりますが、一部ではベビーライフが本当に人身売買に関わっていたため、代表の篠塚康智さんもそういう闇の組織に消されたのではないかとまで噂する声もありました。

調べてみると2022年2月11日に篠塚康智さんの声明文がホームページに掲載されました。

東京都側は私が病欠状態であることについては対外的に一切触れることはありませんでした。

なお、産みの親の方々の妊娠や縁組の詳細な経緯、養親側の経緯については機微な個人情報が含まれるため、当初からそれらのデータを他組織等には移管しない想定で産みの親や養親と合意しておりました。

そのため、相談に関連する詳細な記録やデータはクラウドサーバー上からは持ち出しできないよう設定し、当初からベビーライフ以外の第三者に渡ることの無いよう対策を講じておりました。

私が病気になったタイミングでクラウドの契約が終了し、機微な個人情報等はサーバー上から消去されました。

今回、東京都に引き継いだ情報は、養子縁組当事者の住所や電話番号、メールアドレスといった連絡先や、子どもを抱いている産みの親の写真など、子どもにとって将来有益となり得る情報のバックアップデータです。

出典:一般社団法人ベビーライフ
※全文はリンク先でご確認下さい。

体調不良で連絡が出来なかったことや子供たちの連絡先等について報告がありました。

ですが、以前のように篠塚康智さんがメディアに姿を見せて直接語った内容ではないため、未だに篠塚康智さんの安否を気にする声もあります。

2024年1月現在、この声明文から2年近く経ちましたが、未だに篠塚康智さんは公に姿を見せることはありません。

篠塚康智さんがメディアに直接出演し、当時のことと子供たちのことについて語ってくれると国民も安心できると思うのですが・・。

コメント

このページの内容をコピーすることはできません

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました